SEOの記事の書き方を解説!基本これやっとけばアクセス集まるよ

ブログノウハウ

こんにちは、ひろむ&まっつーです。

 

今回は、SEO集客についての解説です。

マジで無料で集客したいのであれば、やはり一つの手段として存在するのがSEO。

僕らも昔はSEO記事を書きまくってアクセスを集めていた時期があります。

 

時代によって、どういう書き方が上位表示するのか?
は多少変わってきます。

それでも、この本質だけは変わってないですし、今後も変わらず上位表示してくれるような記事の書き方を紹介します。

ぜひ参考にどうぞ。

SEO集客の基本は「検索意図」を満たした記事を作成すること

SEO記事を書きたいのであれば、まずキーワードを狙う必要がありますよね。

例えば、「ブログ 稼ぎ方」で検索してくる人に向けて、記事タイトルを

「ブログの稼ぎ方を完全暴露!月収400万超えた俺が全て教えるよ」みたいなタイトルにします。

で、記事の内容もブログの稼ぎ方について、これでもかと解説する。

 

そうすることで、グーグルの検索結果において自分のブログ記事が上位表示されやすくなるみたいなやつですね。

で、まず意識したいのは「キーワードの検索意図」です。

例えば、「ブログ 稼ぎ方」で検索してくる人は、文字通りブログの稼ぎ方を知りたいわけです。

ですから、記事タイトル、記事内容もブログの稼ぎ方についてひたすら書いていく感じです。

これが、検索意図を満たす記事なのです。

とはいっても、検索意図を満たす記事を書いたところで、簡単に上位表示できない時があります。

それは、ライバルが強い時です。

例えば、ライバルが6000文字以上のガッツリした記事を書いていたとします。

それに対して、自分は1000文字くらいしか解説していない。

こうなると、グーグルはライバルの記事の方が優れていると判断して、ライバル記事を上に上げてしまうということです。

 

ですから、もしSEOで上位表示したいのであれば、

「検索意図を満たしながら、かつライバルより詳しい記事」

を書く必要があります。

ライバルより詳しく書く!の罠

ただ、自分のSEO記事で「よし、ライバルより詳しく書けばいいんだな!」といって、

いたずらに文字数を多く書く

という人が多くいます。

キーワードの検索意図とは関係ないことをブログ記事に書いてしまっている…みたいな。

先ほどの「ブログの稼ぎ方」の例で言えば、その記事内にせどりの稼ぎ方も解説している…みたいな。

これは極端な例なので、ここまでキーワードからズレたことを書く人はあまりいませんが、ちょっとズレていたりすることはよくあります。

その情報は本当に読者にとって必要ですか?みたいな。

 

そして、結果的に検索結果において上位表示ができない。

一生懸命書いたのにアクセスが集まらず、売れる文章は書いたのに売れない。

こういった悲しい事態になってしまうというわけです。

なので、この記事を読んだ方には

  • キーワードの検索意図を満たす
  • ライバルより詳しく書く
  • 検索意図からズレたことは書かない

これを意識しながらブログ記事を書いてもらいたいです。

 

そうすることで、見違えるほどに上位表示できるようになります。

狙っているキーワードが弱ければ弱いほど、これを意識するだけで簡単に上位表示できます。

SEO対策をしている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

個人的には、今は集客手段は広告などをオススメしていますが、やり方として知っておいて損はないでしょう。

資金があまりないよーという人は、無料集客はやっぱり魅力ですからね。

 

 

ひろむ、まっつー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このブログは、200時間残業を繰り返した「ひろむ」と、4回職場の仕事をクビになった「まっつー」の2人が書き上げています。

 

「まっつー」と「ひろむ」はブログで月400万稼ぐまでに、時間とお金を使ってきました。

その内容を暴露しているからか、ブログ記事が勉強になると評判です。

 

また、ブログ以上に濃い話は、LINE講義の方でこっそりとお送りしています。

ひろむ&まっつーがこっそりと、濃い話をしてるLINE講義はこちら

ブログノウハウ
hiromatsuをフォローする
年商1億円を稼ぐ経営者2人によるビジネス講義

コメント

  1. mike より:

    確かに、いくら詳しく書いてあっても、知りたいことと関係ないことが書いてあったら読んでもらえないですよね。当たり前だけどなかなか気づけないですね。

  2. sima より:

    とても参考になりました。SEOについて本やネットで調べて知識だけはつけてもなかなか上位に表示させるコツというのがつかめないままでした。検索意図に焦点を当てて考えてみたいと思います!

  3. たまごミルク より:

    とても読みやすい文章でした。

    グーグルが文字数で優劣をつけているとは知りませんでした。

    キーワードの強弱の意味が、すみません。わかりませんでした。

    合間にLINEへの誘導を入れてくれたら、「あ、ここでもっと詳しく教えてくれるんだな」と納得しながら読めたかな、と思いました。

  4. たかし より:

    的を得たやり方でないとSEO対策にならないのだと思います。やみくもに行動を起こしても無駄な努力に終わってしまうということでしょう。検索意図に沿った記事は心がけたいですね。

  5. えむやん より:

    なにがちがうんだろう?!?!
    と、思っていたことが、すっきりしてきました。
    内容重視、わかる人に伝わればいい!!
    とはいうものの、実際には大勢の方に接していただきたいですよね。
    どんなに美味しい、街のケーキやさんにも同じことが言えそうです。
    お客さんが来ない事には…。
    いつも参考になる記事をありがとうございます。

  6. てたっち より:

    詳しくて良い記事を、とは思っていたがライバルより良い記事を、という発想はなかった。他のブログの内容も敵情視察するのが大事なんですね。

タイトルとURLをコピーしました