毎週、月曜日は会社に行きたくなくて発狂して、吐きそうでした

考え

「会社に行きたくなくて、月曜日になると吐きそうになる」
「日曜日と月曜日が憂鬱で仕方がない」
「唯一、金曜日だけが幸せに感じる」

これを読んでいるあなたはこのように思っているのかもしれません。

ですが、それは至極、当然の感覚です。
誰も、好き好んで会社に行っているわけではありません。
仕方なく、いやいや行っている人がほとんどでしょう。

特に月曜日の憂鬱さ加減は異常ですし、
「これから1週間が始まるのか・・・・」
と考えたら、発狂しそうになるのも無理はありません。

実際に僕「会社に行きたくない」と悩んで、
死にそうになっていた時期があるので、
今回はその話をしていきたいと思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕が就職が決まって、いざ入社するとなると、
全く嬉しくなかった。

というのは、これからの会社生活が、
尋常じゃないほど大変だということが、
あらかじめわかっていたからだった。

実際に会社に入ってからは、
本当に毎日、同じことの繰り返しで、
吐きそうになることがほとんどだった。

月曜日になるとこれから、
1週間をどう乗り切るかを考えて、
吐き気がするけど、必死になって頑張る。

火曜日になると、今週がまだまだあることを、
考えて絶望しつつも、体力があるうちに、
必死になって仕事を頑張る。

水曜日になると、ようやく折り返し地点だと、
思うけれども、あと2日以上残っていることを、
必死になって抑えながら仕事を頑張る。

木曜日になると、ようやく今週も終わりに、
近づいてきたと嬉しくなってくる。

明日は金曜日だと考えてそれのためだけに、
木曜日を気合いで終わらせる。

金曜日になると、ようやく今日で終わりだと、
安心しながら仕事をしていく。

仕事終わりのビールが待ち遠しくて、
それのためだけに頑張って、仕事が終わった時の、
爽快感といったらたまらない。

もう生きてるだけで幸せっていうレベル。

それで金曜日は夜まで起きて、はしゃぎ切る。
早く寝ちゃったら損した気分になるから・・・

「ああ、土曜日にならないでくれ・・・・」
と思いながら、必死になって夜更かしをする。

土曜日になっても気分がいいのは午前中まで。
午後になると、「明後日から仕事が始まる」という、
恐怖に苦しめられることになる。

土曜日の午後になるとだんだん気分が落ち込んでいき、
次第に憂鬱になっていく。

その憂鬱さを誤魔化すかのように、
友達と遊んだり、お酒を飲み続ける。

そして、目が覚めたら日曜日。
休みの日なのに休んだ気分がしない。

「明日は仕事」と考えるだけで吐き気がする。

午後に近づくにつれて恐怖が増大。
サザエさんが始まると、吐き気がピークに。

「会社に行きたくない」

そう思えば思うほど、死にたくなってくる。

ただし、夜遅くまで起きていても、
来週1週間を乗り切れないので、
早めに眠りにつく。

目覚まし時計のアラームとともに目が覚める。

またやってきた月曜日。
「また、1週間が始まる・・・・・・」

そう思うと強烈な吐き気が湧いてくる。

 

そして、満員電車に揺られてふと思った。

 

これを定年まで続けるのか・・・・・・
月曜日に鬱になって、金曜日にハッピーになって、
この生活を永遠に繰り返し続けるのか・・・・・

 

そう思うと吐き気がしてきた。。。。

 

これを死ぬまで続けるのか??????

 

僕の頭の中はその言葉でいっぱいだった。

 

会社で定年まで働く光景がもう目に見えている。
正直、どんな感じで定年まで過ごすのか、
イメージが容易についてしまう。

だからこそ、辛くてたまらなかった。

 

 

かと言って、会社を辞める勇気はない。

でも、会社には行きたくない。

 

この2つの感情が葛藤するからこそ、
「耐え忍ぶしかない・・・・」と、
僕は自分に言い聞かせた。

 

そんなこと言ってもどうしようもないじゃないか。

仕方がないじゃないか。

それが大人になるっていうことだろ?

 

そんな風に言っている心の声が聞こえてきた。

 

嫌なものは嫌。
でも、何をすればいいのか全くわからない。

まるで、自分の考えが赤ん坊のように思えてきた。

会社に行きたくない!
でも、会社に行かないと、生きていけない!

誰か僕を助けて!!!!

みたいな感じになっていた。

そんなことを考えていると、駅に着いた。
こっから電車に乗って会社に向かう。

ただ、大変なのはここからだ。

 

地獄の満員電車が始まる。

駅で電車に乗る時点ですでに車内はいっぱいだし、
気合いを入れて乗り込むしかない状態。

後ろ向きになって、ドア寸前のところを、
押し込みに入る感じ。

 

車内は汗や色んな匂いが集まりに集まって、
吐きそうになってくる。

ううう、息苦しい。
っていうか、空気が悪すぎる。。。。

 

そんなことを考えていると、
目の前に死んだ目をしたおじさんの顔がある。

それを見ていると吐きそうになりながら、
(失礼)
必死になって自分の顔の向きを変えようとする。

 

でも、全く身動きが取れない状態だから、
目をつむるしかない。

 

それで、手や体を動かそうものなら、
近くにいる女子高生から痴漢だと疑われても、
仕方がないほど体が密着している。

もう嫌だ、帰りたい、、、、、

 

その思いを必死になって押し殺す。

 

「これがサラリーマンになるってことなんだから」
と自分に言い聞かせているうちに電車は駅に着いた。

僕は気づいたら、自分の感情を押し殺すことが、
だんだんと得意になっていった。

というか、感情を押し殺さないと、
上司からの嫌味や激怒に耐えられないし、

人間関係がこじれている職場で、
まともにやっていくことができない。

 

でも、僕は自分の感情を殺しすぎたせいで、
周りのことを気遣ったり、人に優しくすることが、
全くできなくなっていた。

僕はだんだんと自分が冷たい人間になって、
昔のような温かみが消えていることに気づいた。

 

会社に入って、毎日がストレスまみれで、
おかしくなっているのがわかる。

でも、僕は常に自分に言い聞かせた。

 

「これがお金を稼ぐということなんだ」
と。

 

そして、会社について朝の9時から、
夜の19時くらいまで働き続ける。

そんな調子だったからこそ、
遊べるような時間も余裕もないし、
コンビニで弁当を買って過ごす日々。

唯一のストレス解消はお酒を飲むことと、
ドカ食いしながらYoutubeを見ること。

それで、明日の仕事に備えて、
早めに布団に入る生活。

 

でも、仕事のことを考えたら恐ろしくなるし、
今週を乗り切れるかと考えたら、
ひたすら怖くなって、
頭から布団をかぶって必死に堪える。

こんなことを繰り返す毎日。

そして気がついたらあっという間に1ヶ月、
2ヶ月がすぎていく。

 

「あれ、今月って何やって過ごしたっけ?」
と考えても一切の記憶がない。

残るのは会社の仕事の記憶だけ。
自分が取り組んだ業務と上司に怒られたことくらい。

 

僕は1人で絶望していた。

 

早く金曜日になってくれ

これを延々と考え続けるだけの毎日だったからだ。

 

このアリ地獄からは逃れられない。

永遠に・・・・

 

これが定年まで続く。

 

気がついたら、僕は会社のトイレで吐いていた。

あ、もう始業5分前だから戻らないと・・・・

「これが大人になるってことなんだ」

僕はそう自分に言い聞かせて、デスクに戻った。

 

・・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまで僕が会社で働いていて、
鬱になりかけた出来事をまとめました。

 

これを書いている今も手が震えていますwww
正直、かなりのトラウマになっているのでしょう。

 

僕が会社で働いていて苦しかったことは、
「早く金曜日になってくれ」と願い続けて、
「ああ、今日からまた1週間が始まる」と、
ただひたすら絶望するだけの毎日だったからです。

 

何より、「自分はこんな感じで定年まで働くんだろうな」
というのが見えてしまっていたこと。

 

だからこそ、毎日が単調になり、非常につまらない人生に、
僕は見えてしまったのです。

 

そして、会社にいたら、嫌味を言われ続ける上司と、
机を隣にして一緒にいないといけない。

また複雑すぎて面倒な人間関係の仲、
波風立てずに、振る舞わないといけない。

時には理不尽な思いをして、土下座をしなきゃいけない。

 

僕はこのような毎日を過ごしていて本当に苦しかったです。

だからこそ、僕はこの人生を変えたいと思いました。

その結果、変わることができたのです。

 

僕が変わることができた秘密は以下で話しています。

→200時間残業を繰り返して、トラックに跳ねられて何かを悟った話

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このブログは、200時間残業を繰り返した「ひろむ」と、4回職場の仕事をクビになった「まっつー」の2人が書き上げています。

 

「まっつー」と「ひろむ」はブログで月400万稼ぐまでに、時間とお金を使ってきました。

その内容を暴露しているからか、ブログ記事が勉強になると評判です。

 

また、ブログ以上に濃い話は、LINE講義の方でこっそりとお送りしています。

ひろむ&まっつーがこっそりと、濃い話をしてるLINE講義はこちら

考え
hiromatsuをフォローする
年商1億円を稼ぐ経営者2人によるビジネス講義

コメント

タイトルとURLをコピーしました